S・E・P+D工法

S・E・P+D工法とは

環境対策型保水性ポーラスコンクリート舗装と砕石パイルドレンを組み合わせた環境保全型舗装工法

摘要場所

  • 歩道
  • 公園
  • 駐車場 / 駐輪場
  • グラウンド etc…

S・E・P+D工法の特徴と効果

特徴

  • ポーラスコンクリート表面にポーラス樹脂を施す事により景観舗装が可能
  • 砕石パイルの骨材間隔が大きいため長期にわたる貯水性能の維持
  • 地盤への浸透が緩やかなため地層に悪影響を与えない
  • 地球における継続的な水循環が図れる

効果

  • 従来の地下貯水層方式に比べ工期短縮、工費節減等が図られる
  • 雨水排水の施設および雨水の河川流出を大幅に軽減できる

S.E.P工法の特徴と効果

特徴

  • 道路構造内で保水層を形成
  • 保水剤が構造内で滞留し保水性を保つ

効果

  • 下水、河川への雨水流出抑制
  • 都市型洪水の発生抑制
  • 地下水の涵養促進、地盤沈下防止
  • 水分蒸発作用による冷却効果

D工法

D工法の特徴と効果

特徴

  • 土壌汚染、地下水汚染ゼロ(セメントなどの固結剤を使用しない)
  • 液状化防止効果あり
  • 様々な地層に対応可能

効果

  • 天然鉱石利用のため将来撤去不要(半永久的に利用可能)→産業廃棄物が出ない
  • 地震せん断力に強い


PAGETOP